土壌汚染とは:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

土壌汚染とは

土壌汚染.COMトップページ >> 土壌汚染とは

土壌汚染とは

日本には製造業の工場、クリーニング等の洗浄施設、染料を扱う工場など様々な工場や施設があります。そのような産業活動やその他の活動に伴い、危険物質を使用することは少なくはありません。
そのような危険物質が、何かの原因により、土壌中に漏れ、残留、蓄積することで土壌や地下水が汚染された状態のことを土壌汚染と言います。
土壌汚染自体の問題は、農作物の生育や人畜の健康に悪影響を与えることです。しかし、最近では、汚染土壌が土地の資産価値を下落させ、不動産の流動化を阻害する要因として、大きく問題視されています。

【土壌汚染の問題点】

・汚染された水や食物を摂取すると人体に健康被害を及ぼす可能性がある
・地表面下の問題である為、目に見えず、汚染があっても気づかない
・有害物質が地下水にまで拡散すると、近隣の土地まで被害が及ぶ
・汚染された土地は資産価値が下落し、場合によっては売れない土地となる
・汚染された土壌を保有する企業はその責任を問われるだけでなく、ブランド力が低下する恐れがある

無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |