土壌汚染調査・対策の契機:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

土壌汚染とは

土壌汚染.COMトップページ >> 土壌汚染調査・対策の契機

土壌汚染調査・対策の契機

土壌汚染調査・対策を行う契機についてご紹介します。調査・対策契機は様々な場合がありますが、具体例を挙げると下記のようになります。

土壌汚染対策法・地方自治体条例による土壌汚染調査・対策

土壌汚染法や地方自治体条例・要綱・指導、都道府県知事命令により調査・対策を行う契機があります。 地方自治体条例・要綱・指導の場合は地歴調査が基本的な調査内容となりますが、その結果汚染の可能性があると判断された場合は土壌汚染調査をしなければならないケースがほとんどです。また、 2010年からは上場企業に対して資産除去債務の計上義務化がはじまる為、法令関連による調査の増加が予想されています。

土地売買に伴う土壌汚染調査・対策(不動産デューディリジェンス)

土地売買に伴い土壌汚染調査・対策を施すケースは非常に多い契機です。土地売買に伴う土壌汚染に関連する法律として「宅地建物取引業法」がありますが、これは「土壌汚染調査実施の有無」を明記する必要を求められるのであって、調査・対策義務はありません。 しかし、近年、土壌汚染調査を実施しなければ金融機関や投資会社からの融資はもちろんのこと、買い手との売買契約が終結しないということから、事実上、土壌汚染調査は必須となっています(不動産デューディリジェンスの一貫としても実施されます)。汚染状況にもよりますが、調査結果を基にした対策(浄化・修復)も施工されています。また、M&Aの際に行われるデューディリジェンスの一貫として土壌汚染調査がされるケースも多くあります。


企業の自主的な対応としての土壌汚染調査・対策(ISO・CSR・リスクマネジメント)

ISOやCSRといった観点から自主的に土壌汚染調査・対策をするケースです。2010年から施行される資産除去債務の計上義務化の影響もあり、資産除去債務計上義務化対象外のであっても企業における不動産リスクのリスクマネジメント強化が図られる見込みです。

無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |