土壌汚染の可能性の高い土地:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

土壌汚染とは

土壌汚染.COMトップページ >> 土壌汚染の可能性の高い土地

土壌汚染の可能性の高い土地

どんな土地であっても土壌汚染の可能性が一切ないということは言いきれません。しかし、中でも可能性の高い土地はあります。
以下にその例を記載します。

※下記の土地に必ず汚染が存在するということではありません。

製造工場

食品工場などを除きほぼ全ての製造工場が該当します。また、食品工場であっても重油ボイラーの有無によっては油汚染の危険性があります。(油汚染は土壌汚染対策法で定められてはいませんが、近年では汚染土壌として懸念される傾向が強くなっています)

クリーニング施設

ドライクリーニングで使用される洗浄剤としてテトラクロロエチレン等が使用するクリーニング施設は汚染の可能性が高い土地として該当します。ただ、近年新設された施設などは排水処理や環境対策が充実していることが多い為、汚染の可能性は低くなることが想定されます。

病院

病院で多いのは体温計に含まれていた水銀など重金属による汚染です。また注射針など感染性医療系廃棄物の投棄の懸念もあることから、汚染が高い土地として該当します。また、重油ボイラーによる油汚染も近年顕在化している汚染となっています。 (油汚染は土壌汚染対策法で定められてはいませんが、近年では汚染土壌として懸念される傾向が強くなっています)

農用地

農地では化学肥料や農薬による汚染の可能性がある為、汚染の可能性がないとは言いきれないことから、汚染の可能性が高い土地として該当します。

焼却施設・野焼き跡地

焼却施設や野焼き跡地はダイオキシン汚染の可能性があります。また、野焼き跡地は野焼きにしたものによっては深刻な土壌汚染を引き起こしている可能性があります。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでは油が問題となります。また、ガソリンの中にはベンゼンが含まれる為、土壌汚染対策法で定められているベンゼンによる土壌汚染へと繋がる可能性もあり、ガソリンスタンドは汚染の可能性が高い土地として該当します。(油汚染短単体では土壌汚染対策法で定められてはいませんが、近年では汚染土壌として懸念される傾向が強くなっています)

無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |