ブラウンフィールド:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

ブラウンフィールドとは

土壌汚染.COMトップページ >> ブラウンフィールドとは

土壌汚染の問題として取り上げられることの多い「ブラウンフィールド」問題。土壌汚染対策法が定められて以来、日本でも土地売買に伴い、土壌汚染調査・対策が施されるようになりました。それに伴い、汚染が原因で土地売買が滞り、遊休地化するブラウンフィールド問題が顕在化しています。

ブラウンフィールドとは?

ブラウンフィールドとは汚染土壌の存在やその可能性により遊休化した土地のことで、売却や再利用がされずの放置されている土地を指します。「土壌汚染をめぐるブラウンフィールド問題の実態等について(中間とりまとめ)」(先述)によると、
ブラウンフィールドの土地資産価値は10.8兆円になり、その対策費は4.2兆円にも上ると試算されています。

ブラウンフィールドとは?

ブラウンフィールドの問題性は以下の3点が挙げられます。

(1)土地価格より汚染浄化費用の方が高額となってしまい、土地の流動がなくなる。
(2)汚染された土地はそのまま放置される為、汚染が拡散される。
(3)土地の流動化が止まる為、その土地一帯の開発が止まる可能性がある。

しかし、実際に遊休地化した土地が土壌汚染により開発が止まっているかの実数は把握されていません。

ブラウンフィールドとは?

ブラウンフィールドとなる経緯としていくつかの背景があります。

(1)土地価格より汚染対策費用の方が高額である。
(2)土地保有者が土壌汚染対策費用を捻出することができない。
(3)汚染が原因で買い手が存在しない為、遊休地化している。また、土壌汚染対策法では土壌浄化を義務付けられているわけではない為、売り手も買い手が見つかるまで、対象地を放置している。

上記の他にもまだまだ理由は考えられます。 ブラウンフィールド問題を解決する為にも、上記のような背景に対してどのように対応するか、どのように向き合っていくかが重要とされています。

無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |