地下水汚染対策技術:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

地下水汚染対策技術

土壌汚染.COMトップページ >> 地下水汚染対策技術

地下水汚染対策技術

地下水汚染とは、工場排水などが地下に染み込み、汚染された地下水のことです。主に汚染された土壌に付着した有害物質が地下水にまで及ぶことが多い為、土壌汚染と併発するパターンが多いというのも特徴です。主な汚染として、トリクロロエイチレンなどのVOCやクロムなどの重金属汚染、農薬による汚染などがあります。
地下水汚染浄化・修復対策技術は土壌汚染と同じく、汚染物質によりその対策方法は変わります。

揚水曝気法

汚染地下水を揚水して対象汚染物質を曝気することで揮発させ浄化・除去する方法です。揮発した有害物質は活性炭等によって吸着され大気へ放出されます。浄化された水は放流されて地下に戻るか、排水処理されます。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第一種特定有害物質、油
エアースパージング法

揮発性有機化合物による汚染された地下水に対して空気を送り込み強制的に揮発(土壌へガス化)させる方法です。揮発した有害物質は土壌吸引法により吸引されて除去されます。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第一種特定有害物質 -
バイオリアクター(バイオレメディエーション)

汚染地下水を揚水して対象汚染物質をバイオリアクターと呼ばれる微生物と生態反応を起こさせる装置を利用して微生物によって浄化をする(バイオレメディエーショ)方法です。浄化された水は放流されて地下に戻るか、排水処理されます。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第一種特定有害物質、油、農薬 -
バイオレメディエーション

土着微生物に酸素や栄養源を与え、その微生物により地下水を浄化させたり、対象汚染物質の分解に効力を発揮することが予め確認されている微生物を地下水へ注入して、浄化する方法です。地下水に対してはエアーを送ることでさらに微生物の働きを活発にさせる複合型の工法もあります。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第一種特定有害物質、油、農薬
凝集沈殿法(分離法)

地下水を揚水して、凝集剤等を用いて凝集沈殿処理を行い、汚染物質を分離し浄化をする方法が凝集沈殿法です。凝集沈殿法は主に重金属汚染や油汚染に対して行われます。回収された汚染物質はケーキ状にして産廃処分されます。また、汚染物質が除去された水はそのまま放流されるか排水処理されまる。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第二種特定有害物質、油 -
吸着法

キレート樹脂や活性炭などの吸着材を用いて、汚染物質を除去する方法が吸着法です。これは重金属に加え、VOC、油、農薬、ダイオキシン類等様々な物質に対して利用されます。 また、汚染物質が除去された水はそのまま放流されるか排水処理されまる。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
第一種特定有害物質、第二種特定有害物質、農薬、油、ダイオキシン類 -
無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |