業種・施設の応じた調査・対策:土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

業種・施設の応じた調査・対策

土壌汚染.COMトップページ >> 業種・施設の応じた調査・対策

業種・施設に応じた調査・対策

土壌汚染ドットコムへ問合せの多い、業種・施設に対する土壌汚染調査・対策内容を下記に記載します。
ご参考の1つとして頂ければと思います。

※下記の土地に必ず汚染が存在するということではありません。

製造業(工場)

製造業を営む企業様の工場には数多くのプラント施設やタンクが存在します。また、多くの場合、製造過程において有害物質を使用しているケースも多い為、汚染物質としては様々な有害物質が想定されます。
汚染経緯としては、生産活動において使用されていた有害物質の取扱施設や配管・タンク等の事故、排水施設からの汚染物質の漏れ、化学物質、廃棄物等の誤った取り扱い等によって土壌汚染が発生します。また、現在使用されていない溶剤や施設であっても、過去に有害物質を取り扱っていた場合は過去の経緯で汚染されているケースもあります。

《汚染物質と事業所例》第一種有害物質を取り扱う工場:金属加工業、自動車関連製造業、塗装業、化学薬品製造業 等
第二種有害物質:半導体製造業、自動車関連製造業、塗装業、化学薬品製造業 等
PCB:全工場(過去にPCB が含有されたトランス等を使用していた工場) 等
油:全工場(重油タンク・ボイラーを保有する工場) 等
ダイオキシン類:重化学製品製造業(焼却施設を保有する工場) 等《調査例》地歴調査、施設図調査、過去使用製剤・施設調査、現場訪問・ヒアリング調査《対策例》掘削除去生石灰による化学的分解法酸化分解法バイオレメディエーション土壌ガス吸引法揚水曝揮法など
クリーニング業(洗浄施設)

ドライクリーニングで使用される洗浄剤としてテトラクロロエチレン等が使用するクリーニング施設では特に第一種有害物質による汚染の可能性が高い土地として該当します。また、過去の土地利用経緯による汚染として、重金属汚染も発見されるというのも珍しくはありません。 汚染の経緯としては洗浄施設の配水管からの汚染物質の漏れや汚染物質をそのまま処理することなく、排水してしまっていた過去が原因というものが挙げられます。クリーニング業の跡地が汚染されている可能性が高いということは世間でも有名である為、土地売買時の取扱いは注意が必要です。

《汚染物質と事業所例》第一種有害物質:テトラクロロエチレン(ドライクリーニング溶剤) PCB:(CB が含有されたトランス等を使用していた大型のクリーニング施設) 等 《調査例》地歴調査、施設図調査、過去使用製剤・施設調査、現場訪問・ヒアリング調査 《対策例》 掘削除去化学的分解法バイオレメディエーション土壌ガス吸引法揚水曝揮法など
ガソリンスタンド業(給油施設)

ガソリンスタンドでは油が問題となります。また、ガソリンの中にはベンゼンが含まれます。ガソリンが地中に漏れ、地中内でベンセンへと性質変化すると土壌汚染対策法で定められているベンゼンによる土壌汚染となります。油は土壌汚染対策法に含まれていませんが、油による汚染は油臭・油膜の問題から、土地売買時には特に懸念される事項となります。その他、古い施設で過去有鉛ガソリンを使用していた施設は鉛汚染の可能性もあります。 地下貯留タンクや配管から油が漏れるというのが汚染の経緯として挙げられます。稼動中のガソリンスタンドの対策は消防法に則って工事を行わなければならない為、土壌汚染対策としての知識以外にも消防法の知識・ガソリンスタンド特有の施設の知識・対策ノウハウが必要です。

《汚染物質と事業所例》ベンゼン、鉛、油等 《その他重要事項》消防法に関する知識 《調査例》地歴調査、施設図調査、検知管調査、現場訪問・ヒアリング調査 《対策例》掘削除去化学的分解法バイオレメディエーション土壌ガス吸引法揚水曝揮法など
不動産業(土地売買)

不動産売買における土壌調査の必要性は年々高まっています。宅地建物取引業法により、土地の売買時にはその土地の土壌汚染調査の有無を売主は買主へ必ず報告しなければなりません。また最近では調査の有無だけでなく、調査結果を求められることも多くなっています。 不動産売買時の土壌汚染調査・地策として注意しなければならないのが、その土地の過去履歴です。売買時はビルが建てられている土地であっても過去工場であったということもありえます。また、過去土壌汚染対策として埋立処理された土地というのも注意が必要です。埋立盛土された土壌が過去の基準では問題がなかったフッ素、ホウ素を含有している可能性がある為です。 土地売買において土壌汚染問題は資産価値の判定基準にも適用され、また訴訟問題にもなり得やすい項目です。不動産企業にとってはそのビジネスを行う上でのリスクマネジメントとして土壌汚染を捉える必要性が求められています。

《汚染物質と事業所例》第一種汚染物質:工場の跡地、クリーニング施設の跡地、ガソリンスタンド跡地
第二種汚染物質:工場の跡地、ガソリンスタンド跡地、過去の土壌汚染対策による外部からの埋め戻し土壌
第三種汚染物質:畑の跡地、過去の土壌汚染対策による外部からの埋め戻し土壌
油:工場の跡地、ガソリンスタンド跡地、大型施設、過去の土壌汚染対策による外部からの埋め戻し土壌
ダイオキシン類:焼却施設を保有する工場、野焼きをされていた土地 等 《調査例》地歴調査、施設図調査、航空写真調査、現場訪問・ヒアリング調査 《対策例》掘削除去化学的分解法酸化分解法バイオレメディエーション土壌ガス吸引法揚水曝揮法など
無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |