その他汚染(産業廃棄物・医療系廃棄物など):土壌汚染に関することなら何でもご相談下さい!土壌汚染に関する総合情報サイト!

その他汚染(産業廃棄物・医療系廃棄物など)

土壌汚染.COMトップページ >> その他汚染(産業廃棄物・医療系廃棄物など)

土壌汚染対策技術

土壌・地下水汚染を浄化・修復する対策技術は多々存在します。
汚染物質、汚染度合いに応じた適切な処理技術を導入することで、コストを抑えた確実な汚染浄化・修復対策をご提案します。
※下記に記載する技術が必ずしも対象物質を浄化・修復できるとは限りません(汚染濃度・物質等によって効果は左右されます)。予めご了承下さい。
※下記以外の浄化・修復技術をご用意しています。詳細に関しては別途お問い合わせ下さい。

その他汚染(産業廃棄物・医療系廃棄物など)

近年、廃棄物の不法投棄や埋設による汚染土壌が顕在化しています。廃棄物による汚染土壌は様々な物質が混在す複合汚染で、最終処分場での処理の他、溶融施設での処理が進められています。

掘削除去

汚染土壌を削り取り、汚染土壌を除去する方法です。全有害物質に対応可能でもっともポピュラーな浄化方法として、多くの汚染箇所で行われています。掘削された土壌は、別の施設へ運ばれ浄化されて新たに利用されるか処分されることになります。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
全有害物質 × ×

※原位置浄化とは、汚染土壌がその場所にある状態で、抽出・分解等により、特定有害物質を除去する土壌汚染対策手法です。
※オンサイト浄化とは、汚染土壌を掘削等した後、その場所(サイト)内で洗浄、分解等により特定有害物質を除去する手法です。

溶融処理

汚染土壌を1,000℃を超える高温にて溶融処理することで土壌中の有害物質を分解無害化、またはスラグ化(ガラス化)させる浄化・修復対策方法です。溶融されたスラグはスラグ基準(JIS A 5031及びJIS A 5032による溶融スラグに係る品質基準)をクリアすることによって再利用が可能となります。

対象物質 原位置浄化 オンサイト対策
PCB、ダイオキシン類 × -
無料相談受付中!各種見積もりも無料です!お気軽に御連絡下さい!
 |  いちおし!土壌汚染調査・対策メニュー |  土壌汚染とは |  土壌汚染調査・浄化対策 |  更地化・土地流動化サービス |  土壌汚染対策フロー |  対策事例 | 
 |  ブラウンフィールドとは |  土壌汚染に関する法律 |  会社概要 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針 |  サイトマップ |